自転車屋 サイクルプラス note cycleplus.exblog.jp

商品の入荷情報や、ツーリング情報をアップいたします。お店のHPは、http://cycleplus.life.coocan.jp です。facebookページも宜しくお願いいたします。


by cycleplus
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:インプレッション( 1 )

新しくなったヴィットリアのコルサ クリンチャーですが、ご購入いただいたお客様からインプレッションをご報告していただきましたので、アップいたします。


◇新型CORSA クリンチャーのインプレ◇

使用タイヤ:Vittoria CORSA 23C クリンチャー 
使用チューブ:パナレーサー R-Air
使用ホイール:MAVIC コスミックカーボン40C

d0109399_11205553.jpg

350kmほど走ってのインプレです。

以前のCORSAのクリンチャーも愛用していましたが、トレッドの消耗が早いのが気になっていました。

新しいCORSAはグラフェンという素材によって耐久性が上がっているとのことだったので楽しみにしていました。

ホイールにつけてすぐは、やたら砂を拾うのでこれは大丈夫かな?と思いましたが、

1kmほどで拾わなくなったので最初についている油?か何かのせいだったようです。
d0109399_11212857.jpg

空気圧はシクロワイアードのインプレで高めが良いとのことだったので、最初は8気圧入れていたのですが、個人的には硬すぎたので7気圧に下げました。

ただし7気圧にしても転がりもカーブで倒したときの安定性も全く不足が無いので、乗り心地を犠牲にする必要はないかと思います。

実走しての印象はとにかく良く転がるということです。

同じホイールとチューブを使っているのに旧型CORSAから新型に変更しただけで全然スピードの乗りと落ち方が違いました。

どのくらい落ちないかというと、低抵抗で有名なGOKISO(50mmチューブラー、タイヤはVittoriaラリー)にコスミックカーボン40Cで

漕がない状態で同速度にしても余裕で勝つぐらいです。むしろ速度をつけて追い越したGOKISOを漕がない状態で追い抜き返してすらいました。

これは乗る人間が自転車を交換しても同じだったので、タイヤの差が露骨に出たものだと思います。

直線では上記のように軽い反面、曲がる際には側面のゴムが違うのか路面との音が変わり非常によくグリップします。

少し砂が浮いているような場所でも全く滑ることなく安定して曲がれました。かといって重いわけでもなくハンドリングは軽快です。

350km走った後でもトレッドは全く減った感じはなく、確かに耐久性が上がったのだと実感できました。

ただし雨上がりだと小石が食い込んでいたので過信はしないほうが良さそうです。

新型は名前が同じなだけで旧型とは比べ物にならない高性能なタイヤになっていました。

クリンチャーで1万円超えはいかがなものか思いましたが、これならわからなくも無いですね、高いですけど。

次はチューブラーを試してみたいと思いましたが、パンク1発で終わるチューブラーに前後で3万超えはさすがに躊躇するものがあります。
d0109399_11215657.jpg




インプレッションありがとうございました。
もちろん感想は個人差がありますので、あくまでご参考にしてください。

ヴィットリア
コルサ クリンチャー 1本¥10,600(税別)
25C、28Cもあります。


お店のホームページへ
[PR]
by cycleplus | 2016-02-13 11:01 | インプレッション